• コストで比較したときに人気のある証券会社について

    株式に興味があるときには、インターネット上で手軽に手続きが行えるネット証券の口座を作ることがおすすめです。

    証券会社の比較といえばこちらです。

    ネット証券では総合証券と比較したときに、かなりの手数料の安いサービスを提供していますし、口座開設のキャンペーンを実施しているところもありますので、お得に株式投資ができます。
    手数料や取引ツールで比較したときに、人気のある証券会社としてマネックス証券があります。



    日本株の投資に役立つ決算、業績予想や、信用取引の際におけるリスク管理ができる自動決済発注サービスなどがあります。


    アメリカ株の取引を検討しているときには、手数料が5ドルから始めることができます。投資先やリスク管理に役立つツールが揃っていますので、投資ツールを重視したときにおすすめの証券会社となります。
    人気で比較したときに、最も口座開設数が多いのはSBI証券となります。

    SBI証券が人気がある理由は、他社と比較したときのサービス内容の充実にあります。投資信託やIPO取り扱いで最も多くの実績を誇っており、私設取引システムであるPTS取引も利用できます。

    海外株式についてもアメリカや中国、ロシアなどの商品を選択できますので、商品の種類で比較するとおすすめの証券会社と言えます。

    低コストで、様々な金融商品に投資をしてみたいと考えている人向けの会社として人気があります。



    松井証券はデイトレード限定で手数料がかからない一日信用取引や、安値の手数料で取引できるサービスを用意しています。

    他社では有料のサービスとなっているリサーチネットについても、松井証券では無料となっていますので、コストで考えるとおすすめです。