• 手数料で比較したときのおすすめのネット証券会社

    株式投資をするときには証券会社を選択することになりますが、証券会社の種類を分けるとネット証券と総合証券があります。両者を比較したときに大きく違いが出るものが手数料で、ネット証券の魅力としては、一般的な総合証券よりも手数料が安い点があります。


    ネット証券はオンライン上で株式取引などが行えるサービスを提供している証券会社で、店舗を持っていないところもあることから、人件費の節約に成功しています。


    その効果もあって、手数料の安さを実現していますので、数多くの取引をしようと考えている人にとってはネット証券の口座を作ることがおすすめです。

    証券会社の比較のココだけの話をしましょう。

    ネット証券の中には口座開設や口座の管理、資料請求について無料となっているところが多い点も特徴となります。



    総合証券の場合には、50万円までの取引に関しての手数料は5000円から6000円ほどかかりますが、ネット証券では10万円までの取引について100円以下の手数料に設定されていることも多いです。
    両者の手数料を比較すると、いかにネット証券の手数料が安いかがわかると思います。
    様々なネット証券を比較した中でも、10万円以下の取引時の手数料が無料となるサービスを提供しているところに松井証券があります。



    松井証券では信用口座を開設してから、6か月間のうちは30万円以下の取引時の手数料も無料となります。ライブスター証券では、10万円以下の取引を行うときの手数料が80円ですし、GMOクリック証券は88円となりますので、これらの会社もおすすめできます。