• ネット証券会社別のIPO抽選の取り組み比較について

    • 証券会社のサービスを利用するにあたって、新規公開株のIPOについて興味のある人の場合には、それぞれの会社の取り組み方を比較しておくと便利です。証券会社によってはIPOに積極的に参加しているところもあれば、全く取り扱っていないところもあるために、事前に情報を確認しておいて比較したほうが良いでしょう。


      IPO抽選における特徴を比較すると、資金量が少ない人の場合には1人1票制で抽選を受けることができる、マネックス証券やカブドットコム証券がおすすめです。
      資金が大きい人の場合には、資金量によって抽選ができる証券会社を選択しておいたほうが有利になります。

      証券会社の比較選びをお手伝いします。

      資金量に応じて抽選できる証券会社は、楽天証券やSBI証券となります。


      IPOに関する取り組みについて比較すると、SBI証券では抽選のときに資金が豊富なほうが有利で、抽選回数を増やせます。抽選に外れたときであっても、1回ごとにIPOチャレンジポイントが貯まりますので、当選率を上昇させることができます。



      マネックス証券の抽選は、完全な平等性で、コンスタントにIPOに参加したい人向けと言えます。

      楽天証券は取引量によって、IPOの当選確率が変わる仕組みが採用されています。口座に多くの資金を入れておくことで、当選確率を引き上げることができます。

      松井証券のIPO抽選は、他社と比較したときに遅いという特徴があるので、他社でのIPO抽選を受けてから松井証券でIPO抽選を受けられます。IPOの抽選方法としては、銘柄一覧をクリックすることで、新規公開株式であるIPOの取り扱い銘柄を確認してから、抽選を受けたいIPOをクリックすることで申込みができます。



  • 証券会社の耳より情報

    • 手数料で比較したときのおすすめのネット証券会社

      株式投資をするときには証券会社を選択することになりますが、証券会社の種類を分けるとネット証券と総合証券があります。両者を比較したときに大きく違いが出るものが手数料で、ネット証券の魅力としては、一般的な総合証券よりも手数料が安い点があります。...

  • 証券会社の実態

    • 他社と比較したときに人気のある証券会社

      証券会社の口座を作って、株式投資などをしてみたいときには、数ある証券会社の中からどこのサービスを選択するか決める必要があります。従来までの大手の総合証券会社の他にも、インターネット上で運営を行っていて、オンライン取引によって株式投資ができるネット証券が増えています。...

  • 証券会社関係の真実・証券会社を身に付けよう

    • 証券会社の比較のポイント

      個人投資家が証券会社を選ぶ場合、証券会社に何を求めているかで選択肢が異なるものであると言えるでしょう。もしもその目的が明確であれば、その基準に従って比較するのが良いでしょう。...

    • コストで比較したときに人気のある証券会社について

      株式に興味があるときには、インターネット上で手軽に手続きが行えるネット証券の口座を作ることがおすすめです。ネット証券では総合証券と比較したときに、かなりの手数料の安いサービスを提供していますし、口座開設のキャンペーンを実施しているところもありますので、お得に株式投資ができます。...